USPeace世話人かえるちゃんのブログ
リンクのお願い
USP FARM
レポート

レポート一覧はこちら

2016年農業体験会レポート

【2016年農業体験会(夏野菜定植)レポート】

4/10(日)2016年のUS.Peaceファーム農業体験会の開始です。
今年は、横田農場さんにて開催です。
春の芽吹く季節となり、里山が新緑と山桜、畑の菜花や野草が一斉に咲き始めた
美しい景色の中で始まりました。
総勢25名。

横田農場さんは、1998年に長男・岳さんのアトピー性皮膚炎をきっかけにご両親が自らの手で安心な
野菜つくりを決心し、有機農業開始。現在、ご両親と岳さん、弟の海さんの4名で就農。
土だけでなく種にもこだわり、多様性のある固定種や在来種だけを使っています。

横田農場紹介⇒ http://yokotanojo.com/index.html#secondPage

まず、横田さんから作業予定を説明して頂きました。
午前中は、農業体験会の度にお世話になる駐車場の整備。
午後からは、夏野菜(きゃべつ、レタス、ブロッコリー、カリフラワー)の苗植え作業。
さっそく、豆の花が咲いている畑を通り、沢山の花が咲く道を移動します。

駐車場整備開始!
駐車場の入り口を広げ、土を平らにならします。
スコップ、鍬を使い、土を掘り起こします。大きな石や根っこがひかかって大変です。
なんと!冬眠中のねずみの親子を起こしまいました。

 

もともと田んぼだったところに土を盛って、放置された場所だそうです。
石をよける人、土を掘る人、運ぶ人、土をならす人、大人も子供も協力し、徐々に道が広がり、
駐車場らしくなってきました。
大勢でやるとあっという間に作業が進みます。

  

1時間程で入り口が出来てきたので、お昼ご飯準備班と作業継続班に分かれました。

作業班は、もうひとがんばり!!
土が盛り上がってる所を掘って、平らにします。
途中、彼岸花の球根とノビルがあちこちから出てきたので、急遽ノビルはお昼のおかず用に収穫。
彼岸花は駐車場の隅に植え替えました。


彼岸花の球根

どちらも細長い葉っぱです。横田さんに違いを教えてもらいながら、掘り起こしながら作業を続け、
駐車場が完成~!!

一方、横田農場さんの庭ではご飯準備開始です。
米はもちろん有機米。羽釜で薪で炊きます。
味噌汁と野菜炒めは、七輪でつくります。
子供たちが火お越ししてくれました。
炒め物もおいしく出来ています。

  

差し入れも加わり昼ごはんの出来上がりです。
丁度、お昼の合図音が鳴り、作業班も戻ってきたので、皆が一番楽しみにしているお昼ご飯タイム~です。
本日のメニューは、ご飯、のらぼう菜と人参の醤油炒め、きゃべつと人参の塩炒め、油揚げとのらぼう菜の
味噌汁(もちろん野菜も味噌も横田家の自家製)。
差し入れは、いつも家族4人で参加してくれる岡村さんから、里芋ハンバーグ。
USP研究所の参加者から、大根と豚の角煮、餃子、玉子焼き、肉味噌。
どれも、おいしそうです~。

  
 

食卓の七輪では、さっき収穫したノビルと里芋を焼いてます。
自家製味噌3種(米味噌2種、麦味噌)をつけて食べます。
たまりませ~ん!!

顔なじみもたくさんいますが、恒例の自己紹介タイム~。
横浜市、板橋区、目黒区、川越市、大宮市・・・・いろんな所から参加です。

 

横田農場自家製の麦茶を飲んで、午後も頑張ります。
おいしさに、みんなびっくり~。大人気です。
皆んな、麦茶を購入。あっという間に完売。

皆で片づけをして、午後の作業開始です。
午後は、夏野菜の苗の植え付けです。
畑に向かう道々、横田さんから様々な菜の話や、野草「すかんぽ」の茎を
チュウチュウ吸うとちょっと酸っぱくておいしいことを教えてもらい、
大人も子供のチュウチュウ~。(笑う)
周りの美しい景色、道端の花々にうっとり。
道草しながら、やっと畑に到着。

  

横田さんから苗の取り出し方、植え方など教えてもらい作業開始です。
レタスときゃべつをひとライン毎、交互に植えると虫がつきにくいそうです。

 

また、きゃべつは苗と苗の間隔が60cm、レタスは40cm。成長したときの大きさが違うので
間隔が違うそうです。
畑の周りにある葦でつくった60cmと40cmの2本の棒で測りながら、苗を置く人、
植え付けする人、自然に役割が決まります。
苗を傷つけないように、畝を壊さないように・・・。
赤いのがレタス。小さいので難しいですが、徐々に慣れてきました。
最後に、ブロッコリーとカリフラワーを植えて今日の作業は終了です。
400株!全て植え付け完了!!

  
 

朝、400株って聞いたときは、終わるかな~??って思いましたが、
皆のお陰で予定より早めに終わりました。

最後に恒例の集合写真をぱちり。
満足げに笑顔に溢れています。

お疲れ様でした!
今日もいっぱい働いて、食べて、笑って。いい一日でした。
お世話になった横田農場の皆さんに感謝です。
有難うございました。
次回は6/5(日)田植えです。

【田植えレポート】

6/5(日)US.Peaceファームの田植えを実施しました。
朝、雨が降り天気が心配でしたが、集合時間前には、とても良い天気となりました。
心地よい風も時より吹く気持ちのよい日になりました。
総勢45名が参加となりました。

農業体験会でお世話になる、横田農場さんの庭に集合です。
まずは、挨拶して今日の予定を横田さんから説明してもらいました。

 

そこから、徒歩で5分くらいの田んぼに皆で移動です。
田んぼまでの道のりは、好奇心をくすぐるものばかり。なかなか田んぼにたどり着きません。
田んぼに到着。
講師をして下さる“横田農場”横田さんより、田植えの手順を教えて頂きました。
苗のつかみ方、本数、間隔、土への差し込み方など・・・・。
3本ずつ苗をとり、目印となる麻紐に沿って、25cm幅間隔に、植えます。
人差し指と中指と親指の3本で持ち、土に植え込む瞬間に親指を離します。
親指ごと土に入れると、土に穴が残り、苗がしっかり植えつけ出来ません。


今日の苗はもち米。
みんなおいしいもち米が育つよう、隣の人と息を合わせ、植え残しがないように周りを見ながら
丁寧に植えていきます。
2列植えたら、後ろにさがります。
そして、今自分が居たところの土を平らになるように足や手で慣らし、今度はそこに麻紐を移動し
また植えていきます。
これを繰り返します。
時々交代しながら、少しずつ進んでいきます。

 

大人も子供も、田んぼに入るのが始めての人は、ドキドキです。
泥に足を入れたら、「どんどん沈んでしまいそう!」とか、いつもは靴下を汚したらいけないと
言われている子供たちが、「今日はいいの?」って聞きながら、なんかうれしそうに足を泥に入れたり、
こんなことにも、ドラマが有りますね。

数分もしない内に、泥のぐにゃ~とした感触と心地いい水の温度で、みんな大はしゃぎです。
こども達は、植える前の田んぼでおたまじゃくしや、みずかまきり、アメンボ、かぶとえび、豊年えび、
あまがえるなど、様々な生き物をみつけて大喜びです。
有機の田んぼには、色んな生き物がいますね~!!

田んぼで田植えが進んでる一方、横田さんの庭先では、お昼ご飯の準備が進んでいました。
味噌仕立てのひっつみ汁。子供たちがひっつみを鍋に入れてくれました。
(小麦粉をこねて薄くのばしたものを手でちぎって鍋に入れる、すいとんのようなもの)
もちろん、味噌も、小麦粉も、野菜も横田農場の有機の自家製です。

 

お昼の時間です。
みんなおなかはペコペコです~!!

田んぼからお昼に戻る途中、4月に定植したキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、レタスの畑に
寄ってみました。
モンシロチョウがいっぱい!!
お野菜も大きく成長してました。
とくにレタスは食べごろです。
キャベツはこれから丸くまいていくそうです。
ブロッコリーとカリフラワーは、これから育つ赤ちゃんです。
途中、横田さんが種について話してくれました。
横田農場さんは、有機のこだわりだけでなく、種にもこだわり、固定種、在来種の種を使っています。
じか採取しています。
いくつか植えた苗の育ち方を見ながら、一番強そうなものから翌年の種を採取していくそうです。
そうすることによって、より強い種がつながるそうです。

  

帰り道またまた好奇心をくすぐるもの発見!
桑の実です。
初めて見る人、食べる人。甘くてびっくり~。

やっと今日のお昼の始まりです。
メニューは、横田農場のもち米と小豆のおこわ。そして自家製の胡麻。
子供たちが作ってくれたひっつみ入りの味噌汁。
採れたばかりの新じゃがと真竹の子の煮物。
ズッキーニの炒め物。
参加者の差し入れも沢山です。
玉子焼き、いんげん、ちくわ。豚と大根の煮物。ハンバーグ。ポテトサラダ。海苔。

さ~て頂きます!!

 
  

食べる!!食べる!!
おかわり続出。
労働の後ですからおなかはぺこぺこ。あっという間に吸い込まれていきます。
参加者の一言自己紹介タイム。
今回初めて参加のご家族も、小さなお子さん連れで参加してくれました。
連続参加の方、初めての方。様々です。
世代も地域も職業も越えて輪が広がります。

みんなで片づけをして、午後からもうひとがんばりです。
午後は、もうみんなベテランです。どんどん田んぼに入ります。
こども達は、もう止まりません!!泥だらけで飛び回ります。お母さんたちはひやひやですが、
子供たちのびのびした笑顔に、お母さんたちもうれしそうです。
みんなの頑張りで、目標の位置まで田植えが終わりました。

 

横田農場の皆さん、1日お世話になりました。有難うございます。
恒例の記念撮影です。

食の安全や健康を気にしていても、食のつくられてる現場はなかなか知らない。
知識として知るのではなく、五感で感じる。こういう体験を通して、食の大切さ、有り難さ、
人とのつながりなど、様々なことが参加してくださった皆さんに残ればいいと思います。
US.Peace ファームは、これからも有機農業を本気でやってらっしゃる農家さんと消費者の方が
出会える場を作っていけたらいいなと思っています。

これからもよろしくお願いします。
次回は7/3(日)大豆の種まきです。青山在来と言う地域で守り引き継がれている大豆種まきです。


【大豆種まきレポート】

7/3(日)US.Peaceファームの大豆の種まきをしました。
朝からぐんぐん気温が上昇。とても暑い日となりました。

総勢31名。

農業体験会でお世話になる、横田農場さんの庭に集合です。
本日もお世話になる横田農場の皆さんから、スケジュールを説明して頂きました。

 

徒歩で5分くらいの畑に皆で移動です。
畑に到着。

まず、横田農場のお父さんから、本日蒔く「青山在来」という大豆についての説明を受けました。
埼玉県比企郡小川町の青山地区で昔から大事に受け継がれている地大豆です。
甘味と旨味を兼ね備えたおいしい大豆。
この土地に適した大豆だからこその味。味に力があるそうです。
”その土地固有”がとても大切なことです。
作物は大地の恵ということを感じます。
7km離れただけで、大豆の風味が変わるそうです。
そんな貴重な「青山在来」の種蒔き開始です。

 

まずは、種蒔きの位置を決める為の、ロープ張りです。
左右に分かれてピン~と張ったロープに合わせ、大人の手のひらサイズ(20cm位)毎に、
5㎝の穴を指で堀り、ひと粒ずつ入れ、土をかぶせます。

  

ロープの両端の2人は、中心に進み、真ん中の2人は、それぞれ左右に向かって進みながら種蒔きします。
3本のロープ(3コース)を1セットとして、計12人が同時に作業します。
ひとつひとつの作業に、知恵と工夫が詰まっています。

  

お互いに声を掛け合いながら種蒔きが進んでいきます。
3回転が終わってところで、休憩です。
とても暑いので、水分補給。
最近、横田農場の一員となった子山羊の「ななちゃん」がお出迎えしてくれました。

さ~て、もうひと頑張り!!
最初は、ぎこちない動き、慣れない手つきでしたが、お互いの呼吸も合い、いいリズムで
どんどん作業が進みます。
種蒔きが終わると、誰かがロープを次に移動。ロープが張られると、誰かが種蒔き開始。
初めて会った人同士でも直ぐ協働できますから、農作業って不思議です。
みんなの協力により、予定の倍の速さで作業が進み、なんと!!予定していた種蒔きが午前中で終了。
凄い!予定以上のスピードで作業が終わってしまいました。
横田さんもびっくりしてました。
「とても暑いので、ゆっく~りご飯を食べましょう!」と横田さんからの声賭けに、みんな満面の笑顔です。

横田さんの庭に戻ると、ご飯の炊けるなんとも甘い~におい。
子供たちが、横田さんに教えてもらいながら、薪で羽釜ご飯を炊いてくれました。
横田さんの野菜を使った、ラタトッゥーユ、ズッキーニサラダ、じゃがいもと山下いんげんの煮物、
バジル入りポテトサラダ、 岡村さんが作ってきてくれた枝豆「湯上り娘」、丘ひじきの胡麻和え、
史郎さん手作りのハンバーグ、吉田さんの手づくりふりかけなどなど・・・バナナの差し入れも有ります。

  
  
  
  

あっという間にみんなのお腹に消えていきます。

恒例の自己紹介タイム~。
今回初めて参加してくれたのは、
横田さんの野菜で「お野菜届け隊」に参加し、東京で醗酵の店を開いてる方と「青山在来」で味噌作りをしている方々。
比企郡川島町で230年続いてる醤油屋さん家族。ご自身も農業をしている方など、在来種の大豆に興味深々で参加してくれました。
そして、毎回参加してくれるのは川越と板橋の家族。さいたま市と横浜から参加の常連さん。
USP研究所の面々・・・。

そして、今日もお世話になっている横田農場さん家族。
おいしくて、安全で、幸せな食べ物が大好きな人が集まっています。
もうすっかり友達です。
「食」は人と人を繋ぎますね。

みんなで片づけをして、6月に田植えした田んぼの様子を見に行きました。
順調に育っています。良かったです。まっすぐ植えたと思っていましたが曲がったり抜けたりしているところが有りました。(難しい~)

 

田んぼから戻って恒例の記念撮影です。
暑かった!!!!!!
横田農場の皆さん、1日お世話になりました。有難うございます。

食の安全や健康を気にしていても、食のつくられてる現場はなかなか知らない。
知識として知るのではなく、五感で感じる。こういう体験を通して、食の大切さ、有り難さ、
人とのつながりなど、様々なことが参加してくださった皆さんに残ればいいと思います。
US.Peace ファームは、これからも有機農業を本気でやってらっしゃる農家さんと消費者の方が
出会える場を作っていけたらいいなと思っています。

これからもよろしくお願いします。
次回は10/9(日)稲刈りです。青山在来の枝豆が食べられる予定です。


【稲刈りレポート】

10/9(日)朝から雨。誰もが心配しながら、きっと止む!!との思いで農業体験会は実施決定。
なんと総勢39名が参加してくれました。
横田農場さんに集合した直後は、ザーザー降ってた雨が、田んぼに向かい始めたら、ピタッと止み、
無事稲刈り、稲架(はざ)掛けまで終わりました。

田んぼで、講師の横田さんから鎌の使い方、刈り方、束ね方を教えて頂き、作業開始です。

 

今年刈った稲は、神丹穂米(かんにほまい)と言う、神様にお供えする米だそうです。
2,000年前に栽培されたと言われる古代米だそうです。
背丈が高く、小豆色の美しい稲穂です。


さっきまで降ってた雨と猪が入り込んだことで、稲がところどころ倒れているので、
根元を探りながら、少しずつ刈り進んでいきました。
(猪の被害はとても大変だそうです。)
小さいお子さんも、鎌を使ってざっくざっくと刈っています。
背丈も長いので、扱いが大変!!です。
藁で4株ずつ束ねて、藁でくくります。これはなかなか難しい~。
刈る人、くくる人、運ぶ人、自然に分担が出来、協力して作業が進みます。

  

  

雨が上がったばかりのたんぼなので、お試し程度しか刈れないかと思いきや、神丹穂米(かんにほまい)は
全て刈り取りました。

次は稲架(はざ)掛けの準備です。二本の木材を縄で結び、足をつくり、竹を渡します。
ずっしりと実った稲が掛かっても倒れないようしっかり立てます。
途中、横田さんのお父さんが稲架(はざ)掛けに必要な縄をつくりました。
皆んな、縄作りも初めてみるので、興味津々です。
なんでも自分でつくっちゃうんですね~!!凄い!!

 

 

稲架(はざ)掛けです。
束ねた稲を右手3左手1の割合でつかみ分けて開き、竹ざおにかけていきます。
次に左手3右手1の割合で束を分けと・・・交互にかけていきます。
5:5で分けより、多くの束がかけられます。
さらに、割合い1側が外側に飛び出すように掛けると、雨除けにもなるそうです。
さおにかける順番も、片側からではなく両端、真ん中を平均的に掛け、全体に同じように力がかかり、
倒れないように作業します。
農業って、色んな知恵が詰まっていますね~!!

 

 

皆んなの頑張りと協力により、予定していた稲刈りが終わりましたので、
次は、春に種蒔きした大豆畑で枝豆の収穫です。
この枝豆は、昔から小川町の青山地区に伝わる地の固定種「青山在来」という枝豆です。
★青山在来の紹介⇒https://www.facebook.com/aoyama.zairai
まさに今が旬!!!
畑一面枝豆が育ち、種蒔きの時とは一変した緑の畑に、みんな感激!!
収穫させてもらいました。
ひと粒の大豆から、こんなにたくさんの枝豆が撮れるんですね~。

 

 

収穫の帰り道、横田さんから畑についた猪の足跡を教えてもらいました。
山から田んぼや畑にやってきて、収穫前の芋などを食べてしまうそうです。
多くの被害が発生しているそうです。
山が荒れ、山に餌がないことも、原因のひとつだそうです。

さ~てご飯です。
ご飯準備班が、薪で羽釜のご飯、冬瓜とオクラのスープ、オクラと雑魚の炒め物、胡瓜のしその実和え、
なすとインゲンの炒め物、南瓜の煮物、そして収穫したばかりのたくさ~んの枝豆を大きな釜で
茹でてくれました。

 

枝豆は、昨日収穫した豆とさっき収穫した豆の味比べです。
枝豆は時間が立つとどんど糖度がさがるそうです。

さ~て
皆んなお腹ぺこぺこです。

参加してくださった皆さんからもたくさんの差し入れが!!
から揚げ、ハンバーグ、ポテトサラダ、自家製梅干、りんご。
いつもありがとうございます。

枝豆がどんどんなくなります。美味しくて止まりません。
こんな残骸~!!凄いです。

幸せになったところで、自己紹介タイムです。
顔なじみになった方も、はじめての方も、おいしいご飯に満面の笑みです。
ここで会うのが楽しみになってる子供たち。すっかり友達です。
埼玉、東京、神奈川、千葉・・・と幸せの輪がどんどん広がってます。

皆んなで後片付けをして終了です。横田さんいつもありがとうございます。

次回11/26(土)収穫祭。
楽しみにしてください。
また皆で会いましょう!!
有難うございました。


【大豆収穫レポート】

11/26(土)US.Peaceファームの大豆の収穫をしました。
前々日は、11月なのに雪!半世紀ぶりだそうです。
当日は穏やかな天気に恵まれ、初めての大豆収穫です。

総勢48名。
農業体験会でお世話になる、横田農場さんの庭に集合です。
本日もお世話になる横田農場の岳さんから、スケジュールを説明した頂きました。

徒歩で5分くらいの畑に皆で移動です。
途中、小川の脇を歩いたり、田んぼのあぜ道を歩いたり・・・
こども達は、前々日に降った雪に
大はしゃぎです。

まず、横田農場の海さんから、大豆の収穫の為の挟みの使い方と、
切り取った大豆の束の干し方についての説明を受けました。
埼玉県比企郡小川町の青山地区で昔から大事に受け継がれている地大豆の収穫です。
甘味と旨味を兼ね備えたおいしい大豆です。
夏の緑が青々としていた畑とは違い、枯れた茶色が一面に広がっています。

茎は、直径2cm~2.5cm。ごぼう位の太さです。
さらに前々日の雪で倒れたり、濡れ足りしていて、なかなか手ごわいです。
その根元にはさみを差込み、ぎゅっと切り取ります。
コツがいるようです。

 

そして、切り取ったら3~4束を一面として上向きに四方からドーム型の傘のように
こんもりと干していきます。
お互いのドームが影にならないように、風が通って乾きやすいように位置も考えながら作ります。

横田農場さんの説明後、作業開始~。

 

最初はなかなか上手く使えず苦労していたはさみも、少しずつ慣れてきました。
どんどん、作業は進みました。
一列ごとに、こんもりと大豆ドームが出来ていきます。
さっき初めて会ったばかりでも、一緒に作業をすると、
あっという間に友達になるから不思議です。

 

春に種蒔きした畑が終わりそうです!
やった~!
すると!!横田さんからこっちの畑もあるよ~!!と笑顔で茶色の畑を指差され、
よし~!もうひとがんばり。
みんなの「えっ~!!」と言う声もどこかうれしそうです。
コツを掴み、成果が目に見えてわかる畑を見るとなんだかうれしい気持ちなんですね。

みんな黙々と作業に励みます。

最初は、ぎこちない動き、慣れない手つきでしたが、お互いの呼吸も合い、いいリズムで
どんどん作業が進みます。
「お昼の合図が聞こえてました。ぼとぼちと帰ってご飯にしましょう!」との声がけに、みんな満面の笑顔です。

横田農場さんの庭に戻ると、ご飯の炊けるなんとも甘い~におい。
子供たちが、横田さんに教えてもらいながら、薪で羽釜ご飯を炊いてくれました。
今日は、小川町下里提携米の「コシヒカリ」と横田農場さんの「荒木」の2種類の新米を食べ比べです。
横田農場さんの「荒木」は江戸時代から食べられていた米。最近のもっちり系ではなく、さっぱりした味。
千葉県を中心に関東で作られていたようなので、小川町の土地にも合うのでは?と思い、横田農場さんが昨年から作り始めたそうです。
おかずの変化と共に、米の好みも変化していることが良くわかります。

  

おかずは、横田農場さんの野菜を使った、さつまいもの素揚げ、万木(ゆるぎ)蕪の味噌炒め、
里芋と大根の煮物、里芋、油揚げ、大根と長葱の味噌汁、
2種類の蕪の漬物。

  

 

中田さんの鶏肉とうずら卵のカレー味、岡村さんの自家製のスイートポテト、新保さんの南部一郎南瓜のマフィン、
史郎さん手作りのハンバーグとから揚げ、
吉田さんの鶏団子と里芋の煮物と秋田土産のいぶりがっこ、
小林さんの長葱、南部一郎と鶏肉の炒め物・・・・。
差し入れも沢山並びました。

 

いつもありがとうございます。今回は50人分。
横田農場さんのお母さんは、前日から準備してくれました。
有り難いですね~。
さらにテーブルの七輪には、里芋がそのまま乗っています。
こんな食べ方!!贅沢ですですね~。

食べながら、お互いに自己紹介したり、料理のレシピ交換したり、ゆっくり時間が流れます。
おかわり続出です。味噌汁を5杯もお変わりする子供もいました。
お腹もいっぱいになったところで、みんなで片づけをして、午後の作業に出発です。
もうひと頑張りです。

横田農場の山羊の「はち」も人気です。
「はち」は田んぼの畦や、土手の草を食べてくれるので、草取りの大事な担い手だそうです。

3枚目の畑の途中ですが、日が傾いてきたので、今日の作業は終了です。
お疲れ様でした。予定より沢山の作業が出来ました。
ありがとうございます。

皆で恒例の記念撮影です。

食の安全や健康を気にしていても、食のつくられてる現場はなかなか知らない。
知識として知るのではなく、五感で感じる。こういう体験を通して、食の大切さ、有り難さ、
人とのつながりなど、様々なことが参加してくださった皆さんに残ればいいと思います。
US.Peace ファームは、これからも有機農業を本気でやってらっしゃる農家さんと消費者の方が
出会える場を作っていけたらいいなと思っています。

横田農場の皆さん、今年一年間お世話になりました。有難うございます。
そして、参加してくれた皆様、お疲れ様でした。ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。


レポート一覧はこちら

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録してお買い物していただきますと、お買い上げ金額の2%をポイント還元します!